爪カンジタとは

爪カンジタは、カンジダ菌が爪の中に寄生し繁殖することで、症状が起こります。爪カンジダ症の多くは足よりも手の爪に発症します。

爪が白く濁ったり、凸凹に変形したり、爪の根元部分の皮膚が赤く腫れたりといった症状が現れることがあります。爪の色が変色したり、表面に凹凸ができたり、横に筋ができるといった症状も見られます。

爪カンジダの場合には、症状が出てもそれほど痛みは感じませんが、爪を押さえると痛みが出る場合もあります。症状が進むと、爪が厚くなることもありますし、逆に爪の先端が欠けてボロボロになってしまうこともあります。

爪カンジダ症は主に水仕事の多い人に発症しやすいといわれています。また、膠原病などの免疫不全の疾患を持つ人にも発症しやすいといわれています。

足の爪に発症した場合など「水虫」と間違えて、一生懸命市販の水虫薬を塗っていたのに、ぜんぜんよくならないという人もいますので、必ず皮膚科で検査をしてもらいましょう。

爪カンジダ症の治療には、カンジダ菌を殺す抗真菌薬を服用します。症状が軽い場合には、塗り薬だけで治ることもあります。

予防としては、水仕事の後にはしっかりと手を乾かして清潔にすることを心がけましょう。


FX