カンジタの特徴

カンジタは、カビの一種で、膣や外陰、尿道、肛門などに常在している菌です。普段は常在菌として特に悪さをするわけではありません。ところが体の抵抗力が落ちたり、薬の副作用などが原因で、カンジタ菌が活発になると、いろいろな症状が現れます。

また、性行為で感染する場合が多く「性病」と勘違いする人も多くいます。特に女性のカンジタ膣炎が知られていて、男性の場合は、その性器の仕組みからカンジタに感染していても女性のような劇的な変化がない分、見過ごされやすくなっています。

また、性器カンジタだけでなく、皮膚カンジタもあります。赤ちゃんはこの皮膚カンジタにかかりやすく、下痢やおむつで蒸れやすく、ゴシゴシこすることで、皮膚に傷がつくと、カンジダ菌が傷口から入り込んで炎症を起こしやすくなります。

最初は赤いぶつぶつが出る程度なので、おむつかぶれかと思ってしまいますが、皮膚カンジタ症は、くびれやしわの中まで広がっていくのが特徴になっています。

皮膚カンジタはとにかく清潔を心がけて、乾燥させることが肝心です。じんましんや湿疹だと自己判断などをしてステロイド剤などを使用するとかえって悪化してしまうので、注意が必要です。


FX